雨に濡れてしまったとき


 

  • 雨に濡れてしまったら

素早く柔らかい布かテッシュペーパーなどで

トントン叩くようにふき取ります。

 

製品の形を整え、場合によっては

吸水性の良い新聞品などを詰めて

風通しの良い場所で陰干しします。

 

高温による乾燥方法はNG※

直射日光、ドライヤー、ストーブ

での乾燥は革自体を傷めます。

 

自然乾燥した革は、水分が蒸発するとともに

中の脂分も一緒に抜けてしまいます。

 

良く乾ききったら、仕上げにクリームで栄養分を与えます。

 

※クリームの塗り方は乾燥がひどいとき」をご覧ください。