迷彩革「ズィーベン」

先日仕入れた迷彩革

「ズィーベン」

 

アンティーク加工というか

渋いというか

 

兎に角格好良い!

出会った瞬間

マジで恋する5秒前でした|д゚)

 

 

 

特に名前が素敵!

ズィーベン、ズィーベン?、、、

つい発音したくなります (笑)

 

 

さぁ皆さんご一緒に、、、

ズィーベン!

 

ん~良い響きですねぇ

自分は最近日に一回は発音しています(笑)

 

 

おっと話が脱線事故いたしそうなので、

そろそろ本題へ、、、

 

 

 

 

今日は此の「ズィーベン」

どんな革かをご紹介しますね!


ベースはデイリーステア


今回購入させてもらった

久保柳商店の担当者さんに

色々詳しく教えてもらいました♬

 

 

「ズィーベン」の原皮は

北米に住んでいる乳牛のオス

(デイリーステア)

 

乳牛とはいえ、お乳は出ず

ただただ繁殖のためにのみ

ゆったり暮らしている牛さん

 

こう聞くと何だか切ないけど…(;´∀`)

 

そのおかげで、傷も少なく

皮としてのコンディションは一番良いらしい!

 

 

ちなみに、乳牛のメスは…

牛乳を採取するために

体力も肌も消耗されてるそうです( ;∀;)

 

 

流石革屋さん!!

色々な詳しい革情報ひきだし

沢山持っております!!


渋い味わいが出る革


 

今回の革、実は

鞣し方に特徴があります。

 

 

鞣す時に、吟面(表面)にペーパを掛け

ワックスが入っているとのこと。

 

さてワックスが入ると

どうなるのか???

 

 

 

さっそく作った名刺入れに

ネームを入れてみました

 

ほほう

刻印した部分が白く見えて

渋くて大人格好良い!!

 

ワックスをかましている効果でしょうか!

 

なかなか素敵な仕上がりです(*'▽')

 

さて迷彩革って云うのは

元々牛の皮が迷彩になってるから

できるもんではありません。

 

 

加工を施したのちに

革自体に迷彩柄のプリントをするわけです

 

 

この「ズィーベン」

イタリア製の迷彩プリントが施されています。

 

イタリアのプリント技術は

やはり日本よりも進んでいるらしく

 

 

革自体の品質ももちろんですが

プリント品質も素晴らしいです!!

 

 

革をじっと見ていると

すぐ作りたくなっちゃいますよね、、、|д゚)

 

そんなわけで、

名刺入れとマウスパッド作っちゃいました♬

良かったら見てみて下さいね!!

 

m-camoギャラリー紹介

 

 

ハンドメイドレザーバッグ・革財布の専門店

サバゲ―マー革職人・森山聖久