革との出会い~藍染革


先日の仕入れの旅

二人で浅草ぶらぶら回ってきました

 

やはり金具にせよ革にせよ

直接触って確かめて仕入

っていいですね!

 

浅草ぶらぶら、今年は前年より

増やしたいな~と思っています!


藍染革との出会い


染色で一番身近なのは

玉ねぎのハンカチ染めでしょうか

 

綺麗な淡い黄色に染めあがる

玉ねぎ染め

 

草木で染めた

とても淡い自然な色合い

素敵ですよね!

 

 

革も染められないかな~

と技術もない私ですが

去年あたりからずっと頭の中にありました

 

知識もないのに

珈琲とかも染まんないかな…

と実験した時もありました

 

 

 

そんな時に出会ったのが

藍染革「JAPAN BLUE」

 

染めの技術は最高クラス!

見た瞬間にグッと心に響く職人の心

 

本当に目が離せないって

このことだ!!

と感じた瞬間でした

 


藍の本場から


藍染の本場って知ってましたか?

 

かなり古くに

日本に入ってきた藍染技術

 

徳島県が本場なんですって!

 

 

そんな本場から来た

藍染革「JAPAN BLUE LEATHER」

 

実は昨年12月の

95th 東京レザーフェア

「極めのいち素材」にて

 

グランプリを受賞!!

 

By レザーフェア―のサイトより
By レザーフェア―のサイトより

 

これまでの物づくりの流れは

均一の商品を安く大量に

がメインでした…

 

工場も海外に流出し

職人の仕事が減り

 

日本の職人は

いつの間にか少なくなってしまいました

 

しかしながら今回

多くの方の視線をくぎ付けにした

「藍染革」は、日本の職人の心が

たっぷりしみ込んでいる一品

 

 

大量生産を目的に作られたものとは

一線を引くものだなと感じます!

 

 

私たち森山工房も

藍染職人さんが作り上げた

素敵な革に恥じない商品をつくりたい

 

そう決意を新たにしました!

 

商品化はこれからなのですが

素敵な革をぜひ知ってもらいたくて

簡単な革の紹介ページも

作ってしまいました♬

 

藍染革 Japan Bule

 

ぜひ見てみてくださいね!

 

いまからどんな商品を作ろうか

とっても楽しみです♬





ハンドメイドレザーバッグ・革財布の専門店