工房ができるまで


革との出会い


 子供の頃から勉強よりも絵を描いたり物を作るのが好きでした。

 

社会人になってもやりたい事が見つからず、職を転々としていた時

 

ふと見たテレビ番組で、レザークラフト体験が流れていました。

 

見た瞬間、コレだと閃いたのを今でも覚えています。

 



上京、工場へ就職


それから三ヶ月後には、バッグひとつ抱えて上京。…25歳の時でした。

 

江戸川区にあるハンドバッグ製造工場で、爬虫類(エキゾチックレザー)の加工製造を専門に8年間、数々のハンドバッグを製造し、また職人としての技術を学んできました。

 

その頃から、個人的な趣味として自分が欲しい革小物、友人からのリクエスト品をコツコツと作り続けていました。 

 

友人のリクエストに応えているうちに

お客様が本当に欲しいデザインを提供できるバッグ屋になりたい

と考えるようになりました。



職人としての独立


32歳の時、たまたま訪れた木更津

 

緑が濃くて自然も多く、地元札幌を思い起こさせました。

 

夜になると、空に東京では見たこともないくらいの星空を見ました…

 

 

のんびりした田園風景の中

工房を経営する自分が見えた気がしました。

 

34歳、ついに職人として独立、まずは小さな工房から始めました。

場所は自然と木更津を選んでいました。

 

独立当初は、メーカーの受注製造のみ活動してきた森山工房…

 

昨年の秋より念願のオリジナル製品の製造販売を始めました。



夢への途中


なにげない日々に

ひとつお気に入りを…

 

をコンセプトに

身につけていると心持ち楽しくなる

そんな革製品を日々心をこめて

ひとつひとつ手作りする

 

お客様の声が届くバッグ屋になりたい

お客様とのつながりを大事にしたい

 

だからこそ

多くのお客様のお話しを聞く機会を持つために

イベント出店や個展を大切にしています。

 

 

いつかは自店舗を持ち、

緑豊かな中に工房を持ちたい!

 

まだまだ夢の途中ですが

たくさんのお客様と一緒に

森山工房を育てていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

2016年8月

森山 聖久