ヌメ革とは


植物に含まれるタンニンで
原皮をなめし
型押しといった表面加工を
ほとんど施さず仕上げたもの。
牛が生きていた証である
傷跡やシワ・血管、毛穴の痕
自然の刻印
(ナチュラル・スタンプ)
がそのまま残っていて
革自体が表情が豊かで個性的。

人と同じで牛にも個体差があります

 

1枚1枚、さらには場所によって
表情が変わる
ひとつひとつが
まったく違う表情を見せてくれる
そこが面白いところです。